どのキャッシング会社でも共通して言えること

銀行、消費者金融、信販系、どのキャッシング会社であっても共通することはあります。
どの会社でも、審査で確認することに大きな差はないからです。
しかし、その基準というのは企業秘密なので、その会社の社員しか詳細はわからないでしょう。
そこで今回は、多くの体験談や口コミから、キャッシングの審査に共通して言えることをご紹介していきます。


始めは下手に出てキャッシングの審査に通過

どうしても審査に落ちたくないのであれば、申し込むときの限度額を低めにしましょう。
どのキャッシング会社でも共通して言えるのは、利用者が借りたお金をしっかりと返せるようにリスク管理をしていることです。
そのため、こちらが下手に出ることで、あちらにリスクが低いと思わせることが重要です。
初めての利用者が借りられる金額の上限は、およそ30万円程度だと言われています。
そのため、限度額を10万~20万円にして申し込むことで、審査に通過しやすくなるでしょう。
なお、限度額は増額する審査もあるので、半年ペースで受けてみると良いですよ。


自己申告制でも嘘はつかないように

自己申告制かつ収入証明書を提出しない場合であっても、なるべく嘘の記入はしないようにしましょう。
なぜかというと、疑問に思われたときに収入証明書の提出を求められる場合があるからです。
そのときにズレがあると、虚偽の申告をしたとして審査に落とされたり一括の返済を求められたりすることがあります。
年収、職業、勤続年数などから比較されるため気をつけましょう。

申し込みから始まるキャッシング!

実は、申し込みの時点からキャッシングの審査は始まっているのです!
なぜかというと、審査は各キャッシング会社の判断だけでなく、信用情報機関からの情報も大きく関与しているからです。
この記事を読んでいる方の中には、ある程度比較を終えてすでに申し込みをしようと考えている方もいらっしゃるでしょう。
その前に!いくつかの注意事項を読んでから申し込んでください。


キャッシングの多重申込というタブー

「○○というキャッシング会社に申し込みをした」という情報も、信用情報機関の管轄内です。
どうしてかというと、利用者のなかには一度にいくつもの申し込みをする多重申込をする方がいるからです。
これに気づけないで、お金を貸してしまうと返してもらえないリスクが高くなってしまいます。


多重申込のわかりやすい説明

例えば、わりと個人の返済能力が高いAさんが、比較しても絞りきれずに一度に計3社のキャッシングに申し込んだとします。
信用情報機関で重複の確認ができなければ、それぞれの会社はAさんが他の会社にも申し込みをしていることを知らずに、50万円貸してしまいます。
すると、どこか1社でも通ればいいやと考えていたAさんに、一気に150万円の借入ができてしまいます。
これを未然に防ぐために、各キャッシング会社は信用情報機関を通じて申し込みの時点から確認ができるようになっているというわけです。